グラボから選ぶ

G-TuneのGTX1080TiのおすすめゲーミングPC

ゲーム用として最高性能を誇るのがGTX1080Tiです。その上にはTITAN Xpもありますが、G-Tuneでは少なくとも執筆時では販売されていません。販売されていたとしても価格を考えるとGTX1080Tiが優勢です。

GTX1080Tiを選択する理由は1つです。最高性能を堪能する為。これで出来ないのなら時代を先取りし過ぎたという事で諦めもある程度付くと思います。

ただ、上には上がありTITAN XpやSLIでGPUを2枚にしたりする技術があり一概にこれ以上の性能を出せないという事でも無いですが、デメリット部分や価格的な事を考慮するとGTX1080Tiはベストな選択と言えます。

シングルGPUとしてはゲームにおいてフラッグシップに当たるGPUという位置づけではあるので、後悔はしない選択だと思います。

GTX1080Tiでも4Kは厳しい?

GTX1080Tiの性能があれば当然フルHD解像度では最高設定で60FPS以上を叩き出せるゲームがほとんどになります。

最新の重量級のゲームであっても全く気にもせずに購入して最高設定でプレイ出来るという安心感と安定感がフラッグシップにはあります。

GTX1080はPascal世代の最初にリリースされたGPUなので当時は最高性能でしたが、GTX1080Tiが出てしまった今となると正直性能差は結構あります。

それでも4KとなるとGTX1080Tiでも厳しいというのが実情です。

重量級ゲームでベンチマークを取るとGTX1080Tiでも60FPSに届かない

G-TuneのNEXTGEAR(Core i7-7700K、GTX 1080Ti)搭載機を実機レビューした際の執筆時で重量級のPCゲームの数値です。有名なGTA5とかよりも断然重いゲームですが、4Kの最高設定だと60FPSに届きません。中間設定である高設定でもギリギリ届かない。最新ゲームの場合においてはGTX1080Tiと言えど性能不足と言えます。

ですが、最新ゲームにこだわらなければ4KでもGTX1080Tiで60FPSに届くゲームはいくらでもあるので必ずしもGTX1080Tiは4Kで通用しないという論理にはなりませんが、そういう状況もあるという事は認識しておいて損は無いと思います。

4Kゲーミングを想定して購入したのに、最新ゲームの最高設定で60FPSが動かないという事でショックを受ける方も0では無いと思いますので。

ただ、GTX1080Tiで動かないという事はそもそも現在のテクノロジーではそこに到達できる商品が無いと考えれば納得出来る人はかなり多いと思いますし、逆にそこを打破しようとするとSLIなどに実際には手を出すしかなく、TITANxpと言えど性能差や価格を考えるとそこまで魅力的ではありません。

SLIの場合はゲームが対応していない事や発熱や電気代の問題など様々なデメリットがあるので正直おすすめは出来ません。

PCゲームの場合性能が高い=快適性が上がる

PCゲームにおいて性能が高いという事はそれだけ出来るゲームが増え、快適にPCゲームが動かせるという事と同義になります。

家庭用のゲーム機では味わえないグラフィック性能の高さを活かした美麗な画質でゲームに没頭する事が出来るのがPCゲームのメリットです。

この利点をGTX1080Tiであれば存分に堪能する事が可能です。高解像度や設定でグラフィックスを上げる事の他にもPCゲームでしか出来ないメリットとして、フレームレートを60FPS以上上げられるという事です。

144Hzや240Hzなどの高リフレッシュレートのゲーミングモニターを用いてよりヌルヌルでゲームをプレイするにも高い性能のゲーミングPCが必要になります。

他にもVRやゲーム実況、クリエイター作業など性能が高い事で受けられる恩恵を享受出来るジャンルが広く性能が高い事で出来る事の幅が広がり、あれをやってみようかなと今まで敬遠していた事や自分のPCだと出来ないからと諦めていた事をする事が可能になるというメリットがあります。

オーバースペックになるのであれば宝の持ち腐れ

とは言え、デメリット部分に注目すると使わないのであればGTX1080Tiの性能はオーバスペックになってしまう可能性もあります。将来性という意味では数年先まで通用するので一概に今だけの瞬間を切り取ってオーバースペックというのは早計かもしれませんが、最新ゲームや4Kや高リフレッシュレートなどに手を出さないのであれば下のグレードのGTX1070などでも十分通用します。

なのでハイエンドのゲーミングPCを使う機会がどのくらいあるのか、という点を意識して商品を選定するのが無難だと思います。

ハイエンドでもこの価格

ゲーミングPCのグラボのフラッグシップにあたるGTX1080Tiでも価格としては執筆時だと10万円前後です。高いと感じる方もいるとは思いますが、10万円前後であれば正直人生を棒に振ってしまうという買い物ではありません。

家とか車とか時計とか高価な商品は世の中にいくらでもありますが、ゲーミングPCの場合は10万円前後で頂点を見れる訳です。

グラボ単体では無く、ゲーミングPCとして購入したとしても25万円以下には抑えられますし、30万円以下なので仕事に使うという前提ではありますが、個人事業主の方などは経費として「少額減価償却資産の特例」などで落とす事も可能な範囲の価格です。

ゲーム実況などクリエイター的な作業でお金を稼ぐ事は容易な時代になっているので、例えばYouTubeで月に1万円稼げれば2年で24万円の収支になります。

年収で20万円以下なら確定申告の必要も無いので、副業としてOKな範囲です。ただ、1万円を稼ぐ事が出来ればそれをキープし続けるというのも逆に難しく、普通はそれを超過してしまう事がほとんどだと思いますが、ゲーミングPCがあれば稼ぐ事の障害にはならない性能です。

PCがカクカクしてPhotoShopが動かないとか、Premiereが動かないとかは無いです。ゲームを実況しながらゲームを録画する場合はGPU性能もそうですが、CPU性能も重要になってきます。しかし、最新世代のCPUはAMDのRyzenが登場して以降はインテルも多コアになっている傾向があるので同時に何かする作業に強いです。

という点を踏まえて個人的にはハイエンドとは言え庶民には手が出せない商品では無いと思います。学生さんとかだとちょっと金額的に大きい買い物ではあるかもしれませんが、社会人なら人生の障害になるほどの金額では無いですね。

月に1万円を貯めて2年で24万円貯まるので稼がなくても節約して手に入る金額です。月に1万円ソシャゲに課金しているのならそれをやめれば2年で貯まる金額なので正直本気で欲しいなら頑張れば手に入る商品だと考えるとかなり良心的価格とも言えます。

車とか家とかならそうはいきませんもんね。パソコンは移り変わりが激しくすぐ新製品が出ていますが、グラボのサイクルは大体1~2年間です。そこまで速く無いのでとてもじゃないけど付いていけないという速度では無いと思います。毎回買い換える訳では無いので2世代~3世代で買い換えたとしたら2~4年です。

  • GTX1070:2016年6月10日
  • GTX970:2014年9月13
  • GTX770:2013年5月30日
  • GTX670:2012年5月11日
  • GTX570:2010年12月7日

一度ハイエンドを体感したら自分には必要が無かったと確認出来るかもしれません。逆にこれくらいの性能は欲しいなと次もハイエンドにするかもしれませんが、頂点を知るという事は大事な事で、色々な事が見えてきます。なので、ゲームが好きな方は一度は覗いて見て欲しい世界です。

G-TuneのGTX1080Ti搭載ゲーミングPCのおすすめ

現状ベストバイはMASTERPIECE

グラボGeForce GTX1070
CPUCor i7-8700K
メモリ32GB
ストレージ512GB SSD+3TB HDD

価格・詳細はこちら

執筆時だとMASTERPIECEにしか第8世代CPUが来ていないので6コア12スレッドは魅力的です。MASTERPIECEはG-Tuneのフラッグシップです。その名に恥じない高級感で質感が非常に高いのが特徴的です。

GTX1080TiはハイエンドなのでハイエンドでまとめたいのならMASTERPIECEは最も適していると言えます。反面サイズがフルタワーとなっているので購入前にサイズの確認だけはしておきましょう。思ったよりも大きいと思います。

ゲーミングPC買うならG-Tune!

G-Tune

G-TuneのゲーミングPCは品質が高く価格が安いと評判です。CMでも放送されている安心のBTOメーカーのG-Tuneがおすすめです!

公式サイトはこちら